蕪村俳諧帖メールマガジン

  「蕪村浪漫」メールマガジン >> 【蕪村菴俳諧帖8】 鬼貫の警句

  【蕪村菴俳諧帖8】 鬼貫の警句
 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆平明な言葉の裏に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蕪村は其角、嵐雪、素堂、去来、鬼貫の名を挙げ、
「五子の風韻を知らざるものには ともに俳諧をかたるべからず」
と記しています。(鬼貫句選跋)

知らない人とは俳諧の話をしたくない、とまで言わせた5人のうち
鬼貫(おにつら:1661-1738)以外は芭蕉の弟子、もしくは友人。
そして鬼貫だけが、知名度で劣っていました。

――――――――――――――――――
○鬼貫や 新酒の中の貧に処ス (蕪村)
――――――――――――――――――

鬼貫は酒どころ伊丹の出身でした。
新酒ができて活気のある伊丹の町で、
鬼貫は貧しく暮らしている、というのです。

実際は貧しくなかったのですが、
どうも清貧のイメージがあったらしい。
素朴で平明な作風がそう思わせたのかも知れません。

――――――――――――――――――
○こひ/\といへど 蛍が飛んで行く
――――――――――――――――――

鬼貫8歳の作。
子どもらしくてほほえましい句です。

鬼貫はこのような平明さを終生保ちつづけました。
この姿勢は、民衆の文芸として発達した
俳諧の伝統を守ったと評することができるでしょう。

『鬼貫句選』上巻の最後に、こういう句があります。

――――――――――――――――――
○人間に知恵ほどわるい物はなし
――――――――――――――――――

あっけないほどわかり易いように思えますが、
おバカがよいと言っているのではありません。
知恵に驕(おご)るのがよくないというのです。

耳の痛いご指摘。わたしたちは知恵に頼って
よからぬことをしてしまいがちです。
つい最近も科学技術という知恵に驕り、
取り返しのつかないことをしてしまったような気が…。

鬼貫の句はつい、さらっと読み流してしまいがちです。
わかり易さの裏側にある思いを読みとりたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆まことの外に俳諧なし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鬼貫は著書『独ごと(ひとりごと)』の中で、
口にまかせて面白いことを言うのが俳諧ではないと述べ、
「おのづからのまこと」が尊いとしています。
作意のある俳諧は好ましくないというのです。

素直でひねりの少ない作風は
そういう考えから生まれたものなのでしょう。

――――――――――――――――――
○行水の捨どころなき 虫のこゑ
――――――――――――――――――

行水で使った盥(たらい)の水を草むらに捨てようとしたら、
どこからも虫の声がするのでためらってしまったと。
作者の心情を読み手が難なく共有できます。

――――――――――――――――――
○なんとけふの暑さはと 石の塵を吹く
――――――――――――――――――

暑かった一日。夕涼みにと路傍の石の塵を吹き払う一瞬。
石にはまだ昼間の熱がこもっていたかも知れません。

――――――――――――――――――
○むかしから穴もあかずよ 秋の空
――――――――――――――――――

穴のあくほど見る、といいますが、
冗談のように思えるこの句によって、鬼貫は
秋の空を見て詩や歌を詠んできた
多くの先人たちに思いを馳せています。

自分もその流れを受け継いでいるのだという
自負を込めての句なのでしょう。




  「蕪村浪漫」メールマガジン >> 【蕪村菴俳諧帖8】 鬼貫の警句