蕪村俳諧帖メールマガジン

  「蕪村浪漫」メールマガジン >> 【蕪村菴俳諧帖5】それにつけても山崎宗鑑

  【蕪村菴俳諧帖5】 それにつけても山崎宗鑑
 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆切りたくもあり切りたくもなし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

室町末期の連歌師、山崎宗鑑(そうかん 1460頃-1540頃)、
ある人に「切りたくもあり切りたくもなし」という下の句に
上の句を三句付けてみよといわれ、

   一、ぬすびとを捕へて見ればわが子なり
   二、さやかなる月をかくせる花の枝
   三、心よき的矢の少し長いをば

という三句を作ってみせました。
有名なのは最初の句ですね

ぬすびとを捕へて見ればわが子なり 切りたくもあり切りたくもなし

連歌師たちはこういう付合(つけあい)というゲームを
余興として楽しんでいました。
かれらの機知とユーモアを受け継いだのが
江戸時代の俳諧の世界でした。

宗鑑はエピソード豊富な人物です。
最も有名と思われるのが、やはり機知を称賛する次の話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆それにつけても金の欲しさよ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

逍遥院実隆(さねたか)という公家が宗鑑に、
古歌の上の句につけて、どんな歌でもたちどころに
感慨深くしてしまう便利な下の句があると言いました。
それは「といひし昔のしのばるゝかな」というもの。

たとえば

田子の浦にうちいでゝみれば白妙のと いひし昔のしのばるゝかな
世の中は常にもがもな渚こぐと いひし昔のしのばるゝかな

というわけです。
これには宗鑑、カチンときたらしい。
ちょっと考えてから、こう応えました。

衣食住の事足りているあなた方はともかく、
我々卑賤の身分にふさわしいのは
「それにつけても金の欲しさよ」という下の句です。

つまり

田子の浦にうちいでゝみれば白妙の それにつけても金の欲しさよ

富士の高嶺に雪が降ろうと降るまいと一向かまわず、
ただ金が欲しいというのが庶民の真情だと、
宗鑑は気取った公家に諧謔で返したのです。
この話は宗鑑の武勇伝として長く語り伝えられました。

いくつか宗鑑の発句を見てみましょう。

――――――――――――――――――
○花よりも団子と 誰かいはつゝじ
○手をついて 歌まうし上ぐる蛙かな
○寒くとも 火になあたりそ雪仏
――――――――――――――――――

連歌師らしく掛詞(かけことば)を活かした「花よりも」、
蛙の姿を礼儀正しいと見た「手をついて」、
溶けてしまわぬようにという「寒くとも」、
どれも微笑ましい作品です。

実はこれらはまともな作品の部類で、
ここに載せるのがはばかられるような
お下品なものが多いのが宗鑑の特徴です。

伝統の破壊と新ジャンル確立への意気込みと考えれば、
それもかっこいいのかも知れません。
興味がおありの方はぜひ、自力で…。


  「蕪村浪漫」メールマガジン >> 【蕪村菴俳諧帖5】それにつけても山崎宗鑑